爽快感溢れる朝にするには|これで辛い症状を無くせる!電位治療器は自宅にあると便利
女の人

これで辛い症状を無くせる!電位治療器は自宅にあると便利

爽快感溢れる朝にするには

横になる女性

熟睡できない要因

仕事や勉強、スポーツなどで疲れが溜まっているのにもかかわらず、寝つきが悪い、あるいは深夜に途中で目が覚めてしまうなどといった症状を覚える方も少なくありません。ゆっくりと眠りたいというのは、人間の持つ本能的な欲求のひとつですが、熟睡できずに朝起きた後に、首や肩に痛みやコリが残っているようなケースでは、使用している枕に原因がある場合も多々あります。理想の枕であれば、首を支えている頸椎や肩などに負担がかかることなく、ぐっすりと眠ることができますし、前日の疲れを翌日に持ち越すようなこともありません。自分に合っていない枕ではなく、理想の枕を使用してしっかりと睡眠がとれていれば、爽快な気分で目覚めることができます。痩せ型の方であれば約3cm、一般的な体型の方であれば4cm前後、大柄な方ならおよそ5cmを高さのメドにして、理想の枕を使用するようにすれば、寝返りの際にも首などへの負担を避けることができ、安眠へとつながっていきます。

素材や固さ高さで選ぶ

自分の体型に合った枕を選ぶためには、いくつか留意しておかなければならないことがあります。使い慣れているからといって、合わない枕を使い続けていくことによって、頭を支えている首に位置する頚部が必要以上に圧迫されてしまうことになり、睡眠中に脳までへの血の巡りを悪化させてしまうことになります。そうすると、自律神経のうちの交感神経が高まっていくことにより、眠りが浅くなり、かつ寝起き後に頭痛や肩こりなどの症状が起きてしまう可能性があります。理想の枕を選ぶ基準としては、その素材とともに、固さや高さに重点を置くことが望ましいです。また、素材や固さはそれぞれの好みに従って選ぶようにすればとくに問題はありませんが、枕の高さについては前述の通り、使用される方の体型ごとに慎重に選択することによって、理想の枕を手にいれる必要があります。